ホーム > blog > MAD JAMの「ある理由」その6〜エレメンツ・オブ・アーリー・アンセム・グルーヴその②

MAD JAMの「ある理由」その6〜エレメンツ・オブ・アーリー・アンセム・グルーヴその②

  • 投稿者: madohuchi
  • 2016年5月11日 11:15 AM
  • blog

とにかくRAVENとTANKのカヴァーはヤリマス\(^o^)/
これはマジで初期アンセムでやっていた曲です。
他にもヴェノムやタイガースオブパンタンとかやってましたっけ。
それより前はバットベネターのハートブレイカーとかG FORCEのYOUとか。
この二曲は、ヘヴィメタルメタルバンドに転換しようとしてたLAZYもカヴァーしてました。
そしてLAZYは解散、ラウドネスが始まる。
そのラウドネスに柴田直人が加入するなんて、その頃は夢にも思わなかったでしょう。
あ、昨日は柴田直人の誕生日でした、おめでとうございます!
相変わらず五つ年上、当たり前か(^_^;)
話が脱線した、、、
こういったカヴァー対象にしたバンドの持つサウンド、、、例えばそのグルーヴとか攻撃性とか、、、そんなところに刺激を受けつつ、当時のアンセムはバンドサウンドを確立していったのでした。

去年初めてRAVENのライヴを観ました。
(ちなみに彼らを呼んだのはSOLITUDEのスギさんです)
好きになってから30年以上経ってやっと観れた。
それはそれは感動的な体験でした。
そして同時に、何故僕がこのバンドに惹かれたのかっていう事がすごく良く解ったライヴでした。
それは「圧」です。
音の「圧」。
音圧と言うと、ちょっと意味合いが違ってくる。
圧迫感のある音、って言うか。
それこそがアーリー・アンセム・グルーヴのかなり重要なひとつだと言えます。
それをやるために身体をかなり張ったし、絶対誰にも負けねえ!的な、殺意にも似た感情を常に擁していました。
ああ、書いてて興奮してしまった(≧∇≦)

とにかく初期アンセムにとって意味のあり過ぎるカヴァーをやるって事です。
RAVENの曲のうちの一曲は他のバンドのカヴァーだったりします。
そのセレクトが、いかにも英国のバンドらしいワケですね、、、

つづく

イープラス絶賛発売中!

6/4
http://pinoko.eplus.jp/eplus/eplus.jp/m/msys/T1U65P0101P006001P0050001P002187586P0002;sjid=BE2B2FC6174AA1505E9DA4F3E643D004.B2C01_001;jsessionid=0CA2628FC3CF9C520524EFB01C4654A2.m366?uid=NULLGWDOCOMO

6/5
http://pinoko.eplus.jp/eplus/eplus.jp/m/msys/T1U65P0101P006001P0050001P002187588P0002;sjid=BE2B2FC6174AA1505E9DA4F3E643D004.B2C01_001;jsessionid=0CA2628FC3CF9C520524EFB01C4654A2.m366?uid=NULLGWDOCOMO

ALL THAT MAD
http://www.madohuchi.com/blog/?page_id=11254

ALL THAT MAD FB
https://www.facebook.com/ALL-That-MAD-1591475394403259/

image
RAVENのギャラガー兄弟と〜with MARK

image
with JOHN
Photo by YUKI KUROYANAGI

image
HAPPY BIRTHDAY NAOTO SHIBATA !

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.madohuchi.com/blog/wp-trackback.php?p=11394
トラックバックの送信元リスト
MAD JAMの「ある理由」その6〜エレメンツ・オブ・アーリー・アンセム・グルーヴその② - MadOhuchi.com :: アライヴログ by MAD大内 ~雑記ワイルド~ より

ホーム > blog > MAD JAMの「ある理由」その6〜エレメンツ・オブ・アーリー・アンセム・グルーヴその②

メタ情報

ページの上部に戻る