ホーム > アーカイブ > 2008年10月のアーカイブ

2008年10月のアーカイブ

さ!

  • 投稿者: madohuchi
  • 2008年10月31日 2:22 PM
  • blog
081031-111346.jpg

スタート!

いよいよ!

  • 投稿者: madohuchi
  • 2008年10月30日 2:37 PM
  • blog

~明日は ANTHEM “KICK OFF” GIG だ~!
ヒーセと新しくやるバンドを発表だ~!
これが輪をかけて忙しかった理由。
とにかく明日は、テッテー的に幸先の良いスタートをきらせてもらうんで、応援ヨロシク!
体調万全で、当方モチベーションの塊。
大暴れしてやるっ!
とりあえず今日一日は静かに過ご~~すっ。←アンセム風歌詞の乗せ方

Armed & Ready

  • 投稿者: madohuchi
  • 2008年10月29日 11:11 PM
  • blog
081029-223323.jpg

アンセムの最後のリハーサルが終わった。
メタクソ興奮してます僕。
このメンツならではのアンサンブル!
暴れ馬入ってますね。
言わば爆音ロデオ・マシーンだ。
ミナサマ、振り落とされないように!
早く明後日にならないかな。
グッナイ!

AT LAST…AT LUST…

  • 投稿者: madohuchi
  • 11:14 AM
  • blog

時間が足りない~、と呟きながら一ヶ月半経った。明後日じゃん!頑張ったなあ俺。あとは吠えるだけ。魂に火をいれるだけ。そして今朝は割とのんびりモーニン。ある曲を口ずさんだのがキッカケで、ゴダイゴの「CMソング・グラフィティ」を流している。バンドがCMソングを書き下ろすって、リッチな事だよね。しかも全部、優れた楽曲!今の世の中、何かとサイクルが早いから、こんなんありえないんじゃないか?豊かに見えて実は貧しいってのが目立つようになったぜ。俺はゴメンだ。アバヨ!懐古主義ではなく理想主義。

もう一人の大内貴雅より

  • 投稿者: madohuchi
  • 2008年10月27日 11:11 PM
  • blog
SN3D0279.JPG

写真付きのメールが来ました。
川崎のハロウィン・パレードに参加したそうデス。
さすが同姓同名(^_^;)
弥明後日はBOXX、キャー!
バンドは凄いことになってますぜ。
ツアー終わったら、どうなっちゃうんだろう俺?

おっと

  • 投稿者: madohuchi
  • 2008年10月26日 7:29 PM
  • blog

あいてしまったな。
全曲解説したら燃え尽きてしまったんだよ。
あれね、書いてるうちにどんどん興奮してきて収拾つかなくなってね。
アタマが真っ白になって。←船場吉兆
アンセムの皆さんに褒められて嬉しかったです。
リリース、カウントダウンだな。
BOXXもカウントダウンだ。
体調管理も上手く行ってます。
体重も良い感じに落ち着いたし、さっきも軽くRUNした。
近年まれに見るストイックさの俺。
うん、いい調子。

黒帝国解説#2

  • 投稿者: madohuchi
  • 2008年10月24日 4:00 PM
  • blog

つづきです、、、
6.EMPTINESS WORLD
曲も良いが歌詞も凄い、これは今回の曲全てに言える事。
柴田直人はフレーズに命を賭ける、言わば阿久悠型だと思う。
そしてこのサビの展開を、こんなにフランクにこなせるバンドはそうそういないのでは?
これを自分がステージで演奏してる様を妄想しては、鳥肌を立てている。
7.TELLING YOU
アンセムの地肌を垣間見れる曲。
全ての優れたアートはまるで氷山のようだと常々思っている。
そして今回その水面下を、君達は視る事になるだろう。
一番最初に惹かれた曲。
それと同時に、「最近のファンは戸惑うだろうな」などと思ったものだ。
これを自分がステージで演奏してる様を妄想しては、鳥肌を立てている。
8.PILGRIM
意外かな?
でもムカシから「MOODY」ってキーワードは、アンセムに不可欠な要素だった。
この曲にはそれが凝縮されている。
ヨーロッパの曇り空と、その土地の人々の、滅多にはしゃいだりしない気質。
そして見え隠れする、本当は激し過ぎる性(さが)。
そんなイメージ。
これを自分がステージで演奏してる様を妄想しては、鳥肌を立てている。
9.AWAKE
大胆でいさぎの良いリフワーク!
こういうモノを生み出す方が、逆に難しかったりする。
よってヒラメキをビンビンに感じた。
バトル感あふれる12STEPが燃える曲。
これを自分がステージで演奏してる様を妄想しては、鳥肌を立てている。
10.PERFECT CRAWLER
程良くエモーショナルなこの曲が、優しくラストを飾る。
哀愁のメロディー!
TO BE CONTINUDEという感じがして、一曲目からまた聴いてしまった。
これを自分がステージで演奏してる様を妄想しては、鳥肌を立てている。
どんだけ立つのだ鳥肌!
なんだかペラペラとにわか評論家の様に語ってしまったが、全て本気の感想なんで。
しかし何故に俺はこんなにも熱くなってるのか?
そんだけこのアルバムを愛してるって事だな。
自分が叩いたと思いこんでるフシもあるぞ。
ちょっとアブナイんだ。
そして今回、これらの曲達をツアーで叩く事になった。
事情はどうあれ、純粋に嬉しい。
御輿(みこし)をかつぐような気持ちで、ステージに立とうと思います。
以上、MAD大内の「BLACK EMPIRE」全曲解説でした。
ツアーで会おう!

黒帝国解説#1

  • 投稿者: madohuchi
  • 12:00 PM
  • blog

BOXX一週間前。
そしてたった30枚の追加予約スタート。
大変な事になるんだろうな。
泰葉のウェブ・サーバ状態か?
各地のチケットの売行きも好調なようでまことに結構。
更に盛り上がる俺。
そりゃそうでしょ?
さてそんな中、もうすぐリリースのニューアルバム、「BLACK EMPIRE」の全曲解説を依頼された。
俺はこのアルバムが大好きだ!
再結成後のタイトルでは一番かも。
いや、一番だ。
そんなだから簡単には語れない。
かといってジックリ語る時間もない、今夜もリハだし。
ジレンマ感じながら、出来る限り書いてみようと思う。
しかしこのアルバムをみんなはどう捉えるんだろう?
タイトロープからバウンドの間に何があったのかは思い出せないが、アンセムは「ただスピードを追求する」バンドから「スピード感を追求する」バンドになった。
そういった「レヴォリューション」を、今回の作品に感じる事ができる。
前にもここで書いたが、このアルバム、聴くたびに表情が変わる。
緻密に仕組まれたキーワードが浮かび上がってくるワケだ。
簡単に言っちゃうと、深みがある。
だから時間をかけて咀嚼し、シッカリと味わって欲しい。
その甲斐のある作品だと思う。
何かとせわしない昨今だけに、そこんとこヨロシク!と思います。
ではスタート!
1.BLACK EMPIRE
タイトル・チューンは「美しく」て「怖い」曲。
エンディングに向かうアレンジで「ヘルレイザー」という映画を思い出してしまった。
歌詞も怖い。
ジワジワと心の弱いところを蝕む。
安部公房の「砂の女」を思い出してしまった。
イマジネーションの恐怖感。
あおられる不安感が凄い!
これを自分がステージで演奏してる様を妄想しては、鳥肌を立てている。
2.HEAT OF THE NIGHT
根底に流れるテイストは、一曲目のものに近い。
これこそがこのアルバムの「匂い」なのだろう。
それはまるで、「GYPSY WAYS」の時にアルバムに一貫した「流浪感」のようだ。
このストローク・フィールが今のアンセムのビート。
それがそのへんの「流麗な曲」と一線を画しているのではないだろうか。
これを自分がステージで演奏してる様を妄想しては、鳥肌を立てている。
3.YOU
暴走トレイン的なリフはモーターヘッドを彷彿とさせるが、そこはアンセム、そうは問屋がおろさない。
一筋縄ではいかない凝ったつくりとなっている。
ライヴ映え間違いナシのカッコイイ曲。
これを自分がステージで演奏してる様を妄想しては、鳥肌を立てている。
4.GO INSANE
タイトル通り発狂できる曲。
歌詞がカッコ良過ぎだ。
とにかくスリリング!
これを自分がステージで演奏してる様を妄想しては、鳥肌を立てている。
5.WALK THROUGH THE NIGHT
これまでで一番の、バラードと呼べるバラード。
ソロの展開がハンパじゃなく泣かしてくれる。
こういう曲は、アンセムの持つ「バンド・サウンドの絶対的説得力」が不可欠だと思った。
これを自分がステージで演奏してる様を妄想しては、鳥肌を立てている。
後半につづく、、、

ヴァーサス加勢大周

  • 投稿者: madohuchi
  • 2008年10月22日 11:33 AM
  • blog

相変わらず毎日毎日スタジオ通い。
時間帯は夜。
よって睡眠不足になりがち。
(下の写真、眠そうでしょ?だって眠いんだもの)
寝ても、疲れがとれてない時があるんだよね~。
というワケでドーピング・スタート!
秋ウコンと亜鉛サプリメントをゲット~!
そしてせっせとクエン酸を摂取~!
久々の依存クン・モードですな。
リア・依存。
なんちて。
でも夕べは久々に7時間近く眠ったよ。
だからスキップしたくなる位元気だわ。
せっかくだからしようかな。
スキップする45歳。
しかしあまりにシンプルな毎日で、話題なんてない。
いや、いっぱいあんだけど、ココに書けないような事ばかりで。
こんだけハードな日々だと、とばすギャグも求道的になってゆくんだ。
とことんブラックだったりして。
クククッ。←思い出し笑い
酒もあんまり飲まなくなった。
このまま仙人になるのかMAD大内?
ドラム仙人。
お!目に浮かぶのはスターレスの堀江君の顔ナリ。

ホワイト・エンパイヤ

  • 投稿者: madohuchi
  • 2008年10月21日 2:38 PM
  • blog
200810202214000.jpg

リズム隊に比べ白くね?

1 / 3123

ホーム > アーカイブ > 2008年10月のアーカイブ

メタ情報

ページの上部に戻る