ホーム > アーカイブ > 2006年3月のアーカイブ

2006年3月のアーカイブ

春のマッド大内

  • 投稿者: madohuchi
  • 2006年3月29日 4:30 PM
  • blog

cutitout

はい最新ショット。
いいな~髪切ると。なんか憑き物が取れたようだよ。
軽やかに、さらに加速するワタシです。
そして只今、作詞HIGH!

グリファン通信#5

ROCKSTAR ROOLERS

http://www.geocities.jp/rockstarrollers_shock/index.html
これまたパワーヌードで一緒にやった、タケシが率いるバンド。
おれは桃太郎か?と自分でツッコんでみる。(スペサン!森川)
いや、こうやって自分の足で見つけたメンツで何かをやるって事が大事なんだよ。
血が通うんだと信じてる。ただのイヴェントじゃない空気を創りたいわけなんだ。
FESTA CREOLA(後に外部の手が入って形骸化してしまったが)やROCK ROCK ‘TIL YOU DROPにしてもそうだった。
そんなことはさておき、僕は彼らのファンです。
だってカワイイんだもん。ジャニー大内と呼んで下さい。
どんだけカワイイか彼らのブログを見ましょうね。
http://diary.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/dmmfm220/
カワイイ~!
そして最初に大塚のライヴハウスで見た時から、「彼らをプロデュースしたいわ」と思ったの。
叶うかどうかわからない夢だけど、このイヴェントに出てもらうのもその一環になればいいなと思ってるわ。
はい、ジャニー・キャラでしたぁ。

お、ドラファクのHPもリニューされてます。
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/5626/
盛り上がってきた~!

怪奇両面男

  • 投稿者: madohuchi
  • 2006年3月27日 2:50 PM
  • blog

先週も髪を切りに行けなかった。
時間がなかったワケだが、それ以上に髪をセットするのにかなり時間を取られている事にやっと気付く。
馬鹿だ、俺。
今週はそんな悪循環と共に髪もカリラウ(cut it out)します。
そういえば髪型。完全ワンレンにして前後わかんない作戦ってのを考えてたんだよね。
そんでもって後頭部の髪を剃ってしまい、そこに顔を描くと。
両面人間の出来上がりという訳だ。
たまに後ろ向きに歩いたり、ドラム叩いたりする。
宴会で「安来節」かなんか踊ったら、腹が破れて救急車で運ばれるヤツ続出だな、きっと。
いつかやるぞ!
さて桜だ。
何があっても花見をしなければいけない。
“親が死んでもお花見”とムカシから言うではないか。←ゆわない
“坊主憎けりゃ今朝までお花見”ともな。←袈裟まで憎い
んー。
「今のアンタのどこにそんな時間があんのよ?」
「馬鹿め!こんな時だからこそするのだ」
「ははっ!一生ついて行きます」
という訳で、なんとしてでも強行するぞ。
アイツにもアイツにもメールしてみよっと。

グリファン通信#4

さてサポートメンバーの発表です。
まずギタリストは伊東正。
90年代に俺は広石武彦(元アップビート)のソロ・バンドで叩いていたわけ。
ここで知り合ったのが彼なんだ。
俺とタメ年です。これ大事。
そして当然キャリアがある。
自己のバンドでデヴュー、ハードロッカーながらサポートワークで活躍してて、一時期なんて歌番組つけると必ずヤツが出てました。
腕前が確かなんだな。
その上人間的にも波長が合うんで、いつかまた一緒にやりたいと思っていた訳です。
基本的にはギタリスト丸出しかな。ルーツはジェフ・ベック(たぶん)。
最高!
そしてベーシストは、人時。
言わずと知れた「元・黒夢」です。
パワーヌードでリズム隊を組んだとき、彼とは別件でも一緒にやりたいと切望したんだ。
かなって良かった!
ぶっちゃけ黒夢はよく知らないが、彼はいいベーシストですよ。
リードベースと俺は言う、つまり刻むだけでないタイプのスタイルがあるんだけど。まあちょっとギターよりの、メロディックなプレイですね。
彼もそっち方向だと思うんだけど、珍しいのは、その根底に「ベーシスト然」とした部分がシッカリあるという事。
希有ですね。
ベーシスト然ってのは、例えばスライダースのジェームスのような、わかるかな~?
ま、そこに惚れたというワケですわ。
つくづくベーシストに恵まれている俺であった。

以上、サポートメンバーでした。

次回はロッカスタローラーズ(俺的読み方)を紹介しましょーね。
しかし眠い、、、。

Changes

  • 投稿者: madohuchi
  • 2006年3月23日 10:20 AM
  • blog

トップページその他変えてみました。
春だから。
その割にゃ寒いんですケド。
bbsもみなちゃんの愛あるカキコが惜しかったが、ブログにしてからあまり稼働してないみたいなんで閉めました。
「もったいない」という感覚は実に素晴らしいと思う。しかし時に邪魔だとも思う。
おセンチ野郎のオイラは、しょっちゅうその罠にはまるのさ。
やっぱ過去より未来だぜ。
またいっぱい書き込んで、「新しい過去」、作ってちょ!

グリファン通信#3

対バンのドランクファクスについて話そう。

今回の「4月バカ」ってテーマを考えて、最初に浮かんだのが彼らだった。

しかし活動休止中だし、パワーヌードで一回対バンしてるしなんて考えて自然と頭から外した。

そしたらある日、DJのキャットハウス・タケが電話がかかってきて、、、

「ドランク活動再開するんでどうスかね?」

ハイ、即決定!

奴らのライヴはイイ。

表現者は、言いたいことがあるかどうかが要(かなめ)だと思う。

言いたいこともないのに上手くしゃべる術ばかりを追求してるアーティストの音は退屈だ。

ロック創世記(!)の音楽がエネルギーに溢れまくってたのは、そこらへんのカンケーだと思いますね。

まあ、ロック創世記のバンドと比較するのもどうなの?と思うが、奴らはいつも、言いたいことがあってステージに立つ。

そして俺はいつも笑いながらそれを楽しむのだ。

今回は参加してもらえてジツに光栄。

TANX DRUNKFUX !

つづく~!

p.s...またやっちまった!郵便局留めの返送。

忙しくて取りに行くのをウッカリです。ゴメンナサイ!

でももう大丈夫。何か届いたら連絡がくることになったから。

さすが北区!渋谷郵便局じゃこうはいかないだろうね。

オン・ザ・ドラ~ムス・メンズ大内~!(ナミキ・ジャンクション・ヴァージョン)

  • 投稿者: madohuchi
  • 2006年3月22日 12:57 AM
  • blog

4/21にFABで行われる例のイヴェント、「GREETING FROM PHANTOM」のチケットが売り出されましたぜ。
ちけっとピア(逆にしたら変だなあ)、ローソンでも買えちゃいます。
そして俺のBRANDNEW BAND、OVER/UNDERはイイ感じ。
始まったばっかだから当然かもしんないけど、盛り上がりまくり。
スタジオ行くのが楽しくてしゃーないわ。
期待しててちょ、ビックリさせたげるから。
あー、もう最高なのよ!
それから、ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、5月にボクチンチンはthe MARCY BANDでツアーに行きます。
久々だなあ、マーバン・ツアー。
詳しくはココでね。
かなりクレージーな日程。でも遊ぶ気満々!
今日は「男前豆腐」と「畑が見えるビール」でゴキゲンだった俺様。
この二つの最高ちゃんについては、また。
ネムネムなのだ。
fronthair
前髪がうっとーしーの

寂しいのはオマエだけじゃない

  • 投稿者: madohuchi
  • 2006年3月20日 11:16 AM
  • blog

なんだか最近のココ、業務連絡ばかりなんで今日は別の事を。
っつーか、書こうと思ってた事がはじき出されて、忘れ去られてたりすんだ。
慌ただしさにも程があるってね。
(今年のテーマはゆとりなのに、ブツブツ、、、)
そしてそのうちの一つが「同姓同名事件」。
事が起こったのは師走のFAB。スロウロリス観に行った時の事だね。
滝がローディーを紹介してくれたの。
そして「コイツ、マッドさんと同じ名前なんすよ。」って。
ヤツは時々、訳のわかんない事を言うんですよ。かと思えば著名な哲学者の言葉を口にしたり。
冗談とマジの境目がわかりにくくて、おまけに声が聞き取りにくくて俺がツンボとくれば、会話は大変なんだな。
「何言ってんだオマエ?」
そんなだから、この事実を知るまでトテモ時間がかかったの。
要はこれです。
license to mad
いやビックリしました。
ビックリしたな~も~。←下町ワード
大内って苗字も少ないし、貴雅なんて余計だ。見た事がない。
それがねえ、こんな事あんだねえ。
わ~って一瞬盛り上がったんだけど、このもう一人の大内貴雅、とてもポツネンとしていてまったく俺と共通点がないように見える。
前にテレビで観た「木村拓哉」って名前のデブを思い出しました。
(アナザー大内貴雅はデブじゃないよ。ルックス的にはフツーにイイ感じだ。)
別に名前が一緒ってだけだからいいんだけどさ。
なんか、「名前が縛る数奇な運命」みたいな、ミステリアスな展開も期待できたりするわけじゃないですか?
そう言うトコ、結構エモいんだ僕。
でもね、現実はポツネンとしてる。ものすごくしっかりしてそうで、骨太で頼れる感じで。
ん~。
でも飲んだりしたら別の展開が見えるかも。
「やっぱ同姓同名だねっ!」なんつって。
「同姓同盟」なんて集まり作っちゃったりして。
「ワー!」だって。←下町ワード#2
でも、もっとガッカリしたりしてね。
でもいいや、いっぺん飲んどこ。
う~む、俺は結局、寂しいのか?

グリファン通信#2

  • 投稿者: madohuchi
  • 2006年3月18日 12:08 AM
  • blog

ちょっと空いてしまった。
スタジオ入ったり二日酔いになったりアシッドのLAメタルナイトで店イチ暴れたりしてました。
そうです、準備は着々なのです(!)。
俺のニューバンド(?)、、、あ(?)って書くのもうやめよ。一人だろうが二人だろうが俺のやる事っていったらバンドだ。問答無用じゃ!
ハテサテそのシンガーとは?
スリー!

ツー!

ワーン!

ドーン!!




滝和祥サンで~す。
言わずと知れたかつての同僚、BAMBINOのシンガーソング・ギタリスト。
彼は今、スロウロリスってバンドをやってましてね、最近ちょくちょく観に行ってたんですわ。
相当カッコいいのね、このバンド。
そして何より滝が、当時より格段に成長してたりするわけですよ。
アラ~って、ちょっとビビッたりしてね。
そんなこんながあって、DUDES解散決まって、バンド作ろってなった時にはもう、ヤツの顔しか思い浮かばなかった。
解散したの1999年だから時間も相当経っててイヤな事も忘れたし(笑)、あの頃出来なかった事が今なら出来る!なんて一人で盛り上がってしまってね。
で、誘ったら速攻ノッてくれてスタート!というオハナシ。
ガシガシ曲作って、二人でウチの近所の商店街に新しく出来たスタジオ入ってアレンジしてね。
かなりイイ感じだ。
自信あるもんね。
キテるわ~、いろいろと俺。
そしてそれをサポートしてくれるメンバーがいるわけですが、それはまた!
じらしてナンボの、って、もういいか?

グリファン通信

  • 投稿者: madohuchi
  • 2006年3月13日 9:59 AM
  • blog

例のイヴェントの詳細でつ。

4/21(fri)表参道FAB
「GREETING FROM PHANTOM」

BAND----------–

OVER/UNDER
DRUNKFUX
ROCKSTAR ROLLERS。

DJ-----------

TAKE(FROM CATHOUSE)

6:30 open/start

前売り¥3000(ドリンク別)

問)FAB 03-5772-8566

ザックリと以上です。
ザックリ・ワイルド、なんちて。

このね、OVER/UNDERってのが俺のバンド(?)です。
何故(?)が付くの?
いや、明らかにバンドにするのが前提なんですよ。
結婚を前提に、みたいなね。違うか?
ただ今はユニットって感じかな。メンバーも固定ではないんだ。
固定メンバーは俺とシンガー。
それはまたの機会にと。じらしてナンボの40代ですからね(!)。
とにかくこのバンド(OVER/UNDER)は、ジャムる感じで始めたいんだな。
そんでもって、気がついたら爆音撒き散らしてるっていうね、そういうストーリ
ーが見えてるの。
みんなの血液、体液を沸騰させるような音を出したいと思いますね。
条件はバッチリ、揃ってるんで。
他のバンドについても、徐々に語っていこうと思います。
いろいろいわく付き、っちゅうかリーズンがあるんでね。

ヨロシク乞うご期待YEAH!

GET BACK

  • 投稿者: madohuchi
  • 2006年3月10日 11:50 PM
  • blog

夕べはAUTO-MODの誘いで(これぞGREETING FROM PHANTOM !)新宿ロフトに行ってきた。
他にフリクションのツネマツさん、リザードのモモヨさん、東京ロッカーズの面々ですね。
カッコ良かった。
経年しても消える事のない「毒」。
ある種の「保菌者」。
イカレててイカシてた。
そんな菌にヤラレてしまい、4/21イヴェントに寄せたコメントにかなりイカレポンチな文章を書いた俺。
I FEEL HIGH !
久々にJILLや貢とも会えたし、ゼニゲバのフジカケ君とも知り合いになったりして、忙しいのに長居してしまったのねん。
ロフト30周年企画らしい。俺が入り浸ってたのはハタチの頃だから、もう22年前か。
歌舞伎町に移ってからはあまり行かなくなったけど、夕べ久々に行ったら結構汚れてきてて、あの頃が蘇りましたね。
やっぱライヴハウスは汚くなくちゃいけません。
それとJILLがステージで歌ってるのを観たら、バコーンってタイムスリップしてしまい驚き。
あの時は布袋さんもステージに立ってて、T-REXのカヴァーなんかやってた。
(ロフトには)あこがれもあったりしたから、アンセムでいっぱいライヴできて幸せだったなあ。
仕事場と飲み屋が一緒って感じね。
俺自身またリスタートって時、偶然原点に足を運べて良かったです。
かなりインスパイアされたもん。
そんな衝動で、4/21のバンド(?)名まで決めてしまう始末。
今年は動物的に行きますよ。
諸々は来週アタマに発表しますぜBABY。
P.S DVD、楽しんで頂けたようで。ホント、マジで感謝してます。ありがとう!

YESTERDAY & TODAY

  • 投稿者: madohuchi
  • 2006年3月7日 12:15 AM
  • blog

ついに発売日だ、「LOVE,LIFE.LIVE」。
もう何も言うまい。俺たちの青春に酔いしれてくれ。
うん!青春してたぞ、間違いなく。
純度高く、不器用にな。
笑って、泣いて、愛を思い出そうじゃないか。
PLAY LOUD !

Tシャツ後談

  • 投稿者: madohuchi
  • 2006年3月6日 11:54 AM
  • blog

やっと自分の分のTシャツが届いた。
やっぱお客さま優先です。商人の心得どす。
いつから商人になった、マッド大内?マッド改めアキンド大内、なんちて。
madblack1
なかなかイ~ネ~。
今回も多数のお買い上げありがたんす。
でもね、ちょっと予想外な事があったんだ。
黒ばっかし売れんの。レディースは白なのに女の子も黒買うの。
なんでー!
このデザイン、白が超可愛いのに~。オススメだったのに~。
あの(Tシャツの)イラストじゃ、魅力が伝わんないのかな?
んでこれも撮ってみた。
madwhite1
ほら、グーでしょ?超笑っちゃってるじゃん俺、あまりにゴキゲンで。
(ホントは全然カンケーない事で笑ってる)
一応ね、おネエチャンが着てるトコもって事でこの写真。
manzo1
武闘派ディーバ・5Xのミワッチす。おネエチャンですけど、半分おニイチャンです(泣)。
どうですか?ご注文お待ちしております(笑)。
さて5X、リズムトラックのレコーディングが終了。
最高のデキです。
いまちょっとしたウェーヴが来てんだけど、それ封入できたと思う。
叩いてて超ハッピーだったし。
やっぱライヴやってるだけじゃ行けない域に達するね、レコーディングすっとさ。
次のライヴがより楽しみだ。
うん、いいカンジなんだよ、ここんトコの俺。
日増しに、そして4/21に近づいて行くってワケなんだな。
暴発しそうだ。

1 / 212

ホーム > アーカイブ > 2006年3月のアーカイブ

メタ情報

ページの上部に戻る